ブラジルがペルー敗れたのを目の当たりにして

こちらはこれまでサッカーのインターナショナルA反応でブラジルがペルーに負ける決戦をうまれつき1度も見たことがなかったのですが、コパ・アメリカでの疑念の目標とはいえ遂にブラジルの失態を目の当たりにすることができたのは丁度奇跡的と言うか感無量でしたが、ペルーでは新大統領が決まったシーズンとも重なりお祭り騒ぎが当分貫くのではないでしょうか。
世紀の大誤審の原因は先ず今どき導入されていたはずの目標良否タイミングが正常に機能しなかった結果ではないかという気がします。
ですから目標良否機に熟練の隙間があることが分かったので早速熟練決めるでしょう。フォト附属目標良否機に改良するだけなのである要因簡単ではないかという気がしますので、できるだけ早めにやってもらいたいですね。フォトで確認できていればハンドは丸見えだった考えなのですから。
ブラジルの失態でコパ・アメリカの期待の大半が失われてしまった気がするのですが、コパ・アメリカはもう一度これくらいにしてフランスで開催中のユーロ2016へセンター足を仕向けるキッカケになったような、わくわく感と残念風情とが入り混じったような妙な直感がします。http://www.imacsindonesia.com/musee-tel/