捨てたいけれど、根性がでない。こまった断捨離

捨てたいものはたくさんある。でも捨てられない。困った。
たとえば、恋人にもらったTシャツ。1000円で買ったお揃いのTシャツ。
恋人はまだまだ着ていないけれど。
苦悩は、冬季なんだよね。冬季。
もう一度もうすぐ、私は外部では働かない。
自宅で働くと決めた。だから、発車着はほんど取り除ける
春と秋は、どうしたらいいのだろう。
トレーナーに、うっすいジャージの2枚のパンツ。
ゆるジャージのパンツ。これなら、数年は持つ。
秋と、春のウェア。内部着と、講義着。
あとは、発車着なんだよなあ。
でも今は、太っているから、ファッションは取り除けるや。
まずはやせることが大切だよ。
そして、痩せたら、ロッカーにあるファッションを今度は蓄えに使おう。
すでに、使い倒しているファッションもあるけれど、宜しいじゃないか。
画像にとって、備忘録にすれば好ましい。
上等のファッションばかりだから、勿体無くて捨てられない。
でも、それらを捨てたほうが宜しいっていうよね。そのほうがやせるって。不要な賜物だって訊く。ミュゼ 2人